家庭教師のトライの無料資料請求はこちら➡ CLICK

家庭教師のトライは教師の交代は何度でも無料?交代すべき家庭教師の特徴

当ページのリンクには広告が含まれています。

家庭教師のトライでは、教師を交代できるの?交代する費用はかかるの?

交代してほしいって言いにくい場合はどうすればいいの?と思っている方

トライの教育プランナーとして約600人の利用者の方をサポートした筆者が、家庭教師のトライの教師の交代についてくわしく解説しています。

この記事を読めば、家庭教師のトライの教師交代にかかる費用や交代すべき教師の特徴などがわかります。

結論から言うと、トライの教師交代の費用はかかりません。

家庭教師のトライを利用しようか迷っている方は、この記事をぜひ参考にしてください。

目次

家庭教師のトライでは教師の交代は何度でも無料

教師の交代は何度でも無料ですし、教科別に教師を交代しても料金は変わりません。

また同じコース内であれば、教師の追加や変更も無料です。

家庭教師とお子さんの相性がぴったり合うことが望ましいですが、実際に授業が始まってみないとわからないです。

家庭教師のトライでは、直接教師に言いにくいことは、担当の教育プランナーに言えるシステムになっています。

教育プランナーは、お子さん一人ひとりにつき、学習をサポートしており教師の交代の判断や教師の選定もおこなっています。

教育プランナーについてくわしい記事はこちらです。

↓ ↓ ↓

あわせて読みたい
家庭教師のトライにはトライさんがいるから安心!トライさんを徹底解説 家庭教師のトライのCMに登場するトライさんとはいったい誰?と思っている方 トライさんとは、家庭教師と一緒にお子さんの学習サポートをする教育プランナーのことです。...

交代が決まれば、お子さんの学習に支障のないよう、できるだけ早めに代わりの教師をみつけるようにしています。

交代の理由によって、教師の交代をみあわせることもあります。

家庭教師のトライの教師の選定方法

トライに入会すると、教育プランナー「トライさん」が、お子さんの性格や学習の達成目標や受けたい教科などに合わせた家庭教師を選定します。

学生教師の中では大学を指定できる学生アドバンスや、指導経験や指導実績が豊富なプロ家庭教師が人気があります。

教師の種類は7種類にわけられており、選定する教師によって指導料が異なります。

家庭教師のトライの教師の種類

担当教師の種類採用基準
スタンダード指導経験なしまたは、指導経験が1年以内の大学生
社会人指導経験が3年以上の社会人  
出身大学を指定できる
学生アドバンス指定されている難関大学生+トライでの指導経験が1年以上+厳しい面接に合格した大学生
社会人アドバンス指導実績が豊富な社会人家庭教師
プロ指導経験あり+指導実績+人柄満足度+厳しい面接+試験に合格した社会人
プロアドバンス特に難関校での合格実績があるプロ家庭教師
トッププロトライでの指導経験+指導実績+人柄満足度+厳しい面接+試験に合格した社会人
プロ家庭教師の中でも特に優れた実績がある
教師の種類

家庭教師の種類が多いのは、家庭教師のトライの強みです。
お子さんの学習目的や予算に最適な家庭教師がみつかります。

保護者から教師交代を希望するケース

家庭教師の交代は何度でも無料ですが、どういった理由で保護者が交代を希望するのでしょうか。

家庭教師のトライの教育プランナーとして、今まで600人以上のお子さんをサポートした私の経験から、保護者が教師交代を希望する理由について解説します。

保護者が教師交代を希望する理由

  • 遅刻が多い
  • 教師の教え方がわかりにくい
  • 教師の熱意がみられない
  • わからないところを聞いてもすぐに答えられない
  • 成績が上がらない
  • 子どもと相性が合わない
  • 教師の指導に問題があった

くわしく解説していきます。

遅刻が多い

遅刻が多い教師には注意勧告しますが、改まらない場合は家庭教師の登録を解除します。

教師の教え方がわかりにくい

教師の専門知識が足りない、お子さんの学習レベルに合っていないなどが原因と考えられます。

教師の熱意がみられない

教師の責任意識が足りないことや、教師自身のモチベーションが低い、お子さんとのコミュニケーション不足などが原因と考えられます。

わからないところを聞いてもすぐに答えられない

単に教師の勉強不足と考えられますが、お子さんの学習レベルと教師が合っていないことも原因です。

成績が上がらない

教師の教え方や宿題のだし方に問題がある、お子さんにやる気がでないなどの原因が考えられます。

子どもと相性が合わない

上記にあげた理由を含めて、お子さんと相性が合わないと判断した場合

単にお子さんが教師を代えてほしいと言ったことが、相性が合わないと考えられます。

どのような理由にしても、保護者から教師を交代してほしいという希望があれば教師を交代します。

教師の指導に問題があった

学生教師が生徒が問題を解いている間、大学の課題をやっているのを保護者がぐうぜんみつけたということがありました。

生徒はその教師のことを気に入っていたのですが、保護者は教師の交代を希望してきました。

もちろん教育プランナーの私はすぐに、別の家庭教師を手配をしました。

生徒が問題を解いている間、解いているプロセスをしっかりみてあげるのがいい家庭教師です。

家庭教師のトライでは、定期的に教師のスキルアップのための研修やセミナーをおこなっています。最近行われたセミナーは、ベテラン教育プランナーによる中学受験に関するセミナーでした。

教育プランナーが教師を交代させるケース

保護者が教師を交代してほしいというケースが一番多いですが、教育プランナーが教師交代を決めるケースもあります。

教育プランナーが教師交代を決める理由

  • 家庭教師の授業を開始後の定期テストの結果に変化がみられない
  • 教師の教え方がわかりにくい
  • 子どものやる気をそぐような言動をおこなった

くわしく解説していきます。

家庭教師の授業を開始後の定期テストの結果に変化がみられない

教師の教え方がわかりにくい

教育プランナーは定期的にお子さんや保護者にヒアリングして、教師の指導や素行に問題がないか調べます。

その際にお子さんの意見を重要視しますので、教師の指導がお子さんに合っていないと判断すれば教師を交代します。

保護者の方から教師交代を依頼される前に、なるべく早めに教育プランナーが教師交代をするようにしています。

子どものやる気をそぐようなことがあった場合

子どもがやる気をなくすきっかけとなるような言葉を発したり行いをした場合は、すみやかに教師を交代します。

教師自身が交代を希望するケース

めったにないケースですが、教師自身が交代を希望するケースです。

教師自身が交代を希望する理由

  • お子さんと指導面で合わない
  • スケジュールを調整できなくなった

くわしく解説していきます。

お子さんと指導面で合わない

お子さんの学習目標が高く、自分には難易度の高い授業が無理と判断したからです。

指導経験があまりない学生教師にみられるケースです。

スケジュールを調整できなくなった

教師自身が家庭教師としての時間が取れなくなることで、交代を希望することがあります。

大学生の場合、留学や就職活動で忙しくなったなどが理由にあげられます。

お子さんや保護者が気に入っている教師がやめるとなれば、家庭教師を解約してしまう可能性もあります。

そういったことをさける意味でも、早めに代わりの教師をみつけるようにします。

教師を交代してうまくいった3つの事例

私が5年間教育プランナーとしてかかわった600人以上のお子さんの事例から、教師の交代についての成功事例を紹介します。

お子さんのやる気が今ひとつで、しぶしぶ勉強をやっている感じなので教師を交代

交代前の教師は、「何でこんなことができひんの」などのネガティブな言葉が多いタイプの教師だったので、交代後の教師にはお子さんにいっぱいほめてもらうようにしました。

教師を交代して2か月後には、お子さんのモチベーションが上がってくるなど良い変化がみられました。

最初の教師は指導経験が豊富で一時期は成績も上がったが、その後成績が伸びなくなり教師もやる気がなくなってきたので教師を交代

交代後の教師は、お子さんのできたことを一緒に喜んでくれるなど、励まし方やほめ方が上手でした。

お子さんとの相性もよく成績が伸び、授業日以外の自宅学習も集中できるようになりました。

最初の教師が病気になり、教師を交代してから9か月たっても成績が伸び悩み、保護者から別の教師に交代を希望される。

学生教師から社会人(セレクト)教師に交代してから、お子さんの勉強に対する意識が変わってきました。

今までテストの点数が下がっても気にしていなかったのが、教師交代後はテストの点数が下がると泣いてくやしがるようになるなど前向きな姿勢がみられるようになりました。

保護者も交代後の教師の指導方法、宿題のだし方、授業後の報告内容に満足しています。

家庭教師を代えることで、こんなにもお子さんの勉強に対してのモチベーションが変わるんだと驚くことがあります。

交代を希望された教師が、別の生徒の担当になると相性がよくうまくいく場合もあります。

プロ・トッププロ家庭教師は、教師交代を希望されることが少ない

家庭教師のトライのプロ家庭教師は、登録教師33万人のうちのわずか3.5%しかいません。

トッププロ家庭教師は以下の認定基準に加えて、さらに厳しい基準をクリアした教師だけが認定されます。

プロ家庭教師の認定基準

・社会人である

・全科目指導できる

・試験と面接の評価基準をクリア

・人柄満足度

・指導経験がある

・指導実績がある

お子さんの達成目標が高い場合や短期間での成果を求める場合は、実績の豊富なプロやトッププロ家庭教師をすすめています。

私が5年間教育プランナーとしてさまざまな家庭教師とかかわって感じたことは、プロ家庭教師とトッププロ家庭教師は教師交代を希望されることはあまりなかったということです。

プロ家庭教師とトッププロ家庭教師は教え方が上手なのはもちろん、どのようなタイプのお子さんにも合わせられる柔軟さをもっています。

プロ家庭教師についてくわしく知りたい方はこちらを参考にしてください。

↓ ↓ ↓

あわせて読みたい
トライの講師の評判は?学生講師・社会人講師・プロ講師の違いを解説 家庭教師のトライと個別教室のトライの講師の評判はいいの? 講師はアルバイトの学生? プロ講師と社会人講師の違いは? このような疑問にお答えします。 私は家庭教師...

家庭教師2回体験コース

初めて家庭教師を利用する方にとっては、「マンツーマン指導ってうちの子に合うだろうか?。」

「家庭教師と相性がよかったらいいんだけど・・・。」と不安になりますよね。

家庭教師のトライでは、初めて家庭教師を検討する方のために、家庭教師2回体験コースが受けられます。

他社の体験授業は、スタッフが担当するところがありますが、トライでは実際に担当になる家庭教師の授業が体験できます。

体験授業の前のカウンセリングで、お子さんの性格や苦手・得意科目・学習目標をお聞きして、最適な教師を選定します。

勉強のやり方やコツなどもアドバイスします。

また希望があれば、定期テスト対策や受験対策にも対応可能です。

家庭教師2回体験コースのここがすごい!

・全国33万人の登録教師から、お子さんの学力や目標に合わせて担当教師を選抜します。

・授業開始から宿題の提示まで通常のコースと同じように行います。家庭教師がどのような指導をしているのか、しっかり確認できます。

・定期テストのピンポイント対策・苦手単元対策・受験対策・勉強のやり方アドバイスなど希望に応じます。

家庭教師2回体験コースは有料です。

料金についてのお問い合わせはこちらです。

↓ ↓ ↓

まとめ

家庭教師のトライでは、家庭教師の質を高めるための工夫、努力をしています。

全国33万人の登録教師の中から、必ずお子さんに合う最適な家庭教師がみつかるはずです。

まずはトライの公式ホームページからお問い合わせしてみてください。

↓ ↓ ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次